決闘部活動記録⑩ Re:カテゴリゼロから始める遊戯王生活 【ポテト杯】

このごろずいぶん冷え込んできて風邪気味でしたので、布団にくるまりながら更新しています。
皆さんも体調にはお気を付けて…


■ポテト杯
当ブログでも結果をお伝えした前回の開催からおよそ1か月後の先日、再びポテト杯が開かれました。今回のルールも前回と基本的には同じく、同一カテゴリのカード1枚制限ですが、禁止カードリストに一部変更がありました。

禁止カード一覧
ABC-ドラゴン・バスター
神光の宣告者
崇光なる宣告者
デビル・フランケン
連鎖爆撃
スケープ・ゴート
魔法族の里
おジャマトリオ
スキルドレイン
マクロコスモス
王宮の勅命
虚無空間

大きな変更点としては前回猛威を振るった儀式の宣告者とスケープ・ゴートの規制ですね。またひっそりとオヴィラプターも解除されていますが、10月制限で1枚になったことの影響でしょう。

・結果
Aブロック
まぐまん【カエル】0-3
ざわプロ【帝】1-2
tio【リンクアンデ】2-1
マイン【巨神竜】3-0

Bブロック
NEX【光アンデ】2-1
フィボナッチ【サクリファイス】1-2
リゲル【フルモン】0-3
クロ【恐竜族】3-0

・決勝
マイン【巨神竜】〇―クロ【恐竜族】×

奇しくも決勝は巨神竜vs恐竜族のストラク対決となりましたが、巨神竜が対決を見事制してマインさんが第8回ポテト杯の優勝者となりました。カテゴリ制限というルールは2度目ですが、前回同様今回も多様なデッキ分布となりました。さらにどのデッキも強力であり、白熱した戦いが繰り広げられる良いルールだったと思います。

余談
おそらく次にポテト杯が開催される際にはカテゴリ制限というルールではないかもしれませんが、この大会の直後のEXTREME FORCEにて「進化薬」がカテゴリ化するなどバランス調整が入りました。KONAMIはこれを見ていた…?

■制限改定
10月の制限改定は規制・緩和ともに多く、賛否両論な印象を受けましたがいかがでしたでしょうか(フラゲ判明からすでに1か月が経過して遅きに失した感)いくつか部内での感想を挙げてみます

・グリモの魔導書
UTD内の魔導使用者が非常に嘆いていました。出張のとばっちりを受けて魔導の心臓部分が規制されてしまいました。皮肉にも征竜への出張で規正されていた竜の渓谷が同じ改定で3枚に帰ってきているのが印象的ですね。

・トリックスター・リンカーネイション
こちらは10期初の規制カード。FWDが10期最初の規制カードとなると思っていたので正直意外でした。個人的にトリックスターはリンカネが1枚でも十分強いテーマだと考えているので今後のブルーエンジェルの活躍に期待しましょう。
ぼく「10期初の規制カードがヒロインのカードっておかしくないですかね?」
???「ゴーストガールの方が可愛いからセーフ」

・同族感染ウィルス
04パーツを最安値で組もうとする際に1番高いパーツがこのカードという話を聞いたことがあります。今回の緩和を機にばらまいてくれると嬉しいですね。レアコレに入って外れ枠として投げられたりすると安く光らせることができてて良いのではないでしょうか。自分がシク枠でこれを引いたら怒りますが…

■駒場祭
UTDでは今年も駒場祭でデュエルスペース開放・大会の開催を行います
・デュエルスペース
日時:11月24(金)~11月26日(日)駒場祭開会中
場所:東京大学駒場キャンパス1212教室
・駒場祭デュエル大会
日時:11月25(土)、11月26日(日)12:00 開始予定
場所:同上
参加受付:当日の11:00まで、参加費無料
人数制限:32人まで(超過の場合は先着順とさせていただきます)

決闘部活動記録⑨ カテゴリという概念が存在しない低速な世界 【ポテト杯】

夏も終わりに差し掛かっていますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今回の記事のメインは先日開催されたポテト杯についてです。
9月2日に開催された大会なので本当はすぐに更新するつもりでしたが、ずるずると遅れてしまいました…
気を取り直して進めていきましょう

ポテト杯

今回のポテト杯のレギュレーションは以下の通りです
①同一カテゴリは1枚しかデッキに入れることができない(EXデッキ含む、カテゴリはwiki基準準拠)
②「妖精伝姫」と名の付くカードは1枚しか入れることができない
③以下のカードを禁止カードとする
ABC-ドラゴン・バスター
魂喰いオヴィラプター
封印されしエクゾディア
デビル・フランケン
連鎖爆撃
おジャマトリオ
王宮の勅命
スキルドレイン

いかかでしょうか
普段使用するメインデッキだけではなく、EXデッキも「ホープ」カテゴリのライトニングや「No.」カテゴリのカードも1枚など構築への影響は非常に大きいです。
なぜか「封印されし」カテゴリに含まれるエクゾディアが念入りに殺されていたりとツッコミどころはあったのですが…

大会進行
当日の参加者は6名で、2グループに分かれて総当たりのシングル戦を行い最上位を決め、その2名で決勝戦を行うという形式でした。以下に結果と簡単な対戦内容を記しておきます(私の記憶に基づいているので誤りがあったらすいません)

Aグループ対戦結果
tako【帝】×- tio【リンク植物】〇
tioのエンドスケゴからのリンクモンスターを含む展開をtakoは烈旋から返すも再度の展開を防げずtio勝利

tako【帝】×-リゲル【フルモン】〇
takoはリンクを展開するものの帝を引けず攻めあぐねる中、リゲルはクリッターウィッチで集めたガリスメタイオンのバーンで勝利

tio【リンク植物】〇-リゲル【フルモン】×
tioは複数の迷い風でリゲルの攻勢を凌ぎ、リンクモンスターの物量で押し込み勝利

Bグループ対戦結果
ゲンシュン【儀式天使】〇-クロ【帝】×
パーデクと虚無魔人2体の睨み合いでお互いに停止するも膠着打開を狙ったクロのBloo-Dを朱光で処理してゲンシュン勝利

マイン【巨神竜】×-クロ【帝】〇
マインはリンク展開をブラホ、エネアードで返しさらにBloo-Dを迷い風で処理するもののライザーのトップ固定によりクロ勝利

ゲンシュン【儀式天使】×-マイン【巨神竜】〇
ゲンシュン事故によりパーデク立たない中マインは蒼眼などから巨神竜を展開してワンショットキルでマイン勝利

ライフ差によりゲンシュンが決勝進出

決勝

ゲンシュン【儀式天使】×- tio【リンク植物】〇
再びゲンシュン事故。パーデクが立つ前にヴァレルロードが降臨して返す手段がなくそのままtio勝利

というわけでこのたびのポテト杯の優勝者はtioさんで使用デッキは【リンク植物】でした
今回はカテゴリの制限というルールでしたが、構築を考える中でカテゴリに頼らない良い経験になったのではないかと思います。
また自分の構築だけではなく他人の構築も参考になる部分が多くて楽しめました。
一部黒き森のウィッチ3投入の10月以降から来られた方もいましたが…(笑)

以上活動記録でした。
昨日のリミットレギュレーション改定の情報についても書きたいのですが、情報判明後に活動を行っていないのでまた次回にしたいと思います。(こう書いておけば近いうちに更新せざるを得なくなるだろう…)

決闘部活動記録⑧ 俺の芋がこんなに買わないわけがない

いやはや、皆様お久しぶりです。
本当にお久しぶりです。

二週間に一同更新していたはずのブログの通し番号が、どうして一年たって⑧なんですかねえ。
いやはや、実に怠惰、怠惰ですねえ。

ブログと違ってUTD自体は勤勉に活動しています。
一年生も3人以上入ってくれたので、駒場・本郷ともに充実した活動になっています。

部内杯を開催しました
6月25日に、部内杯を開催しました。
優勝は、マインさんの「月光」でした。おめでとうございます。
というくらい緩めの環境?だったわけですがその他詳細な結果です。
優勝 月光 (マイン)
準  ファーニマル (オレイア)
3位 クリストロンらしき何か (リゲル)
4位 トリックスター (フィボナッチ)
ベスト8
真竜 (tako)
ライトロード (The World)
Bloo-D (クロ)
WW魔導 (ポリアネス星人)

割と、どころじゃなく平和な環境なのがはっきりと見てとれますね。
今回は筆者は参加できませんでしたが、次回は墓守でも握って出てみましょうかね。
それと次回はお寝坊で不戦敗になる人がもう少し少ないといいですね。

名誉部員ページを開設しました
UTDに多大な貢献を残して卒業された偉大な先輩方をまとめた「名誉部員一覧」を開設しました。
今回は最初のお二人を、一年生の皆さんへの導入もかねてご紹介します。

ゲンシュンさん
UTDの創設者でいらっしゃいます。
現在でも、コミケでの活動などでは部の先頭に立って活躍されています。
イモステルダムと呼ばれる都内のお宅に部員を招待して、オフ会を開催されたこともあります。
デッキは、どちらかと言えばファンデッキ中心で、「最強のデッキ」を自称して駒場に乗り込んでは現役部員たちにコテンパンにされるという流れはもはやお約束になっています。
今回のタイトルのネタにもなっているツイートはあまりにも有名で、7000個以上のポテト購入義務を履行できていないことからポテト債務者と言われています。

NEXさん
ゲンシュンさんの一年後に入会され、現在のUTDの形態の整備に尽力された方です。
ゲンシュンさんとともに、コミケなど部外との交流の場では中心的に動いていただいています。
比較的にはガチデッキが多く、現役時には大会に数合わせで出る会員にとって心強い存在とされていました。
数多くの「パート」の設立者としても知られ、UTDWIXOSSパートの中核としてSPRINGのウィクパで何度も優勝しているほか、
女装パートとしてコミケでコスプレを披露したり、高貴パートを立ち上げて風紀の向上に努めたり、ウェイパートとして女の子をたぶらかしたりと活躍され、そのうちいくつかのパートは現在の部員に引き継がれています。

名誉会員は、これから増やしていくつもりなので、OBの皆様、ご安心下さい。

UTDは、8月6日の納涼遊戯と、8月11日のコミケ1日目に出場します
DGc_0dLUwAEwYfp.jpg
UTDは納涼遊戯とコミケに出場し、04本とバニラかるた本に加え、新刊のバニラかるたデータベース本の頒布を行います。
本日はその印刷を行い、印刷機と格闘しながらもすべての印刷を完了しました。

コミケに関しては、改めて正式な告知が出ると思いますので、詳細はそちらでご確認ください。

以上、今学期最後の近況報告でした。
まあね、来季こそはちゃんと定期的に更新しますよ、今度こそ余裕ですよ、ガハハハハ……

決闘部活動記録⑦ 新入生たちが異世界から来るそうですよ?

皆様ご入学・ご進学おめでとうございます。

大学の日々はあっという間ですね。
え、それは自堕落な生活を送ってるからだろって?
いやいや、充実した日々を送ってるからに違いないじゃないですか、ですよね?

新入部員がぞくぞくと!
駒場UTDの滅亡を防ぐため、クロ君を先頭に不退転の決意で新歓に挑んだ我々UTDでしたが、そのかいあってか、
サークルオリではたくさんの新入生デュエリストさんにお目にかかることができました。

今回はその中で、筆者が学生会館の活動でお目にかかった3名のかたがたをご紹介します。
なお、皆さんのお名前の代わりに、エースモンスターのおなまえでご紹介させていただきます。

1、マスP君(仮)
慣れた手つきで真竜デッキを回す方です。
CS等も見据えた環境対応の話をガチ勢会員たちと弾ませられる、UTDの次期エース筆頭候補です。
現代遊戯王わからないおじいちゃんはぜひお声がけしてご教授賜りましょう。

2、ワールド君(仮)
アルカナフォースⅩⅩⅠ the World の愛好家だそうです。
テテュスターボ軸でしたが、「ファンデッキのプロ」ことリゲル君の提案で堕天使軸の終世っぽい形にシフトさせました。
テテュスのドローが魔法ですぐに止まって悲しむ姿が多かったですが、きっとそれはthe WORLDを出した時のために運命力を温存しているんでしょう。きっと。

3、オレイア君(仮)
森羅でぐるぐるが大好きな、UTD満足パート期待の新星です。
こちらも運要素の強いデッキなので、そのうちワールド君とUTD運命力パートが結成されるかもしれません。
マスタールール4の施行でかなり構築が苦しくなったとのことですが、そのうちリンクモンスターでぐるぐる始めると筆者は確信しています。

今回紹介できなかった皆さんも含めて、新入生の皆さんは私がある程度基本情報をつかみ次第、許可をいただいて部員一覧に掲載させていただきます。

スターターミラーをしよう
今回のスターターデッキ2017は完成度が高く、スターターを無改造のままぶつけてもかなり面白い対決が楽しめます。
強者の苦痛は一般に強力なカードですがリンクモンスターに無力で、リンクモンスターは罠に弱く、かと言って罠はブレイカーに割られることも少なくない、と言った具合にデッキ内である程度「メタが回って」いるのです。
かつ、今までのストラクチャーデッキと違ってほとんどのカードが何らかの仕事をするため、ちょっとしたかみ合わせでアドが取れたり取られたり、単純ながらも奥深い対戦となることが多いようです。

まあ、サイバネットユニバースとテラフォが引くとアド損だったり、補給部隊がやや強すぎたり、全体除去がバルバロス以外ないので罠が伏せ得だったりと、改良したくなる部分もあるにはありますが……

いずれにせよ、現代遊戯王につかれたよという方、デコードトーカーとリンクスパイダーを売却して元値をとったという方、スターターデッキのパーツをストレージにぶっこむ前に、一度試してみてはいかがでしょうか。


以上、近況報告でした。
今年度もUTDを、そして決闘部活動記録をよろしくお願いします。

決闘部活動記録⑥ UTDの姫は女の子じゃないと思った?

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

先月末以来続いていた試験や論文の悲鳴も(一部を除いて)一段落し、いよいよTwitterの話題も遊戯王中心になるか?
と思いきやFEやシャドバやらの話ばっかり流れてくるのはなんででしょうね。
(かくいう私も最近かなり浮気性ですが)

今年度最後の更新になるかと思いますが、先輩方複数名のご卒業をお祝いする意味も込めまして、
すでに卒業された方も含め「UTDの伝説の決闘者たち」を後日まとめさせていただきます。
私の存知あげる範囲が不十分な可能性がありますので、我(彼)こそはレジェンドなりという方は筆者(@magumann)まで。

新入部員:凍雨刃さん
何をいまさら、っていう古いネタですが、UTD待望の一年生部員であり、筆者が入学して以来初の(?)女子部員です。

いや、その、UTDには、自称ツンデレ美少女だとか、姫サーのオタだとか、女装して学園祭の姫を目指す人とか、夢幻少女目指してますだとか、各務原あづみの美少女パートナーだとか、病弱アイドルだとか、ある意味では姫のほうが多かったのですよ、それを否定すると筆者が除名されかねない勢いなので括弧書きの?がついております。

それはそうと、凍雨さんのご紹介ですが、アンチノミーとドルべとミザエルのファンだとのことです。
光天使などのアニメ系のテーマをよくお使いで、tio君とは光天使パートを結成したとかしないとか。
「クリアーバイスドラゴン」など一癖も二癖もあるカードに心酔し、カードを召喚しては効果を確認されている様子。
一方で真竜などのガチめのデッキも使用するとのことで、オールラウンダーとしての活躍が期待されます。

お絵かきが趣味とのことで、UTDコミケパートは絵師さんとしての活躍に期待しているとの話も。

昔はUTDにも女性会員が複数いたそうです。
これを機会に女性の方のUTDへの抵抗感が少しでも弱くなるといいですね。

最近の部内の新しいデッキ
最近筆者が拝見したデッキを、通常モンスターのフレーバー風にお伝えします。

真竜kozmo十二獣 (NEX作)
kozmoの制圧と真竜の制圧とを組み合わせるデッキ。
二つのフィールド魔法をいかに使い分けるかがカギ。
十二獣は強い。

武神十二獣 (ざわざわ作)
十二獣の展開力で武神エクシーズを展開し、カグツチの墓地肥やしで武神の布陣を固めていくデッキ。
十二獣は獣戦士なので開局からカグツチが召喚権を使わずに立つのがポイント。
十二獣は強い。

セフィラ (マイン作)
神意および星戦もさることながら、智天の神皇龍が頭おかしい。
非常に安いパーツだけで組めるので、気軽に組めるのもポイント。

磁石の戦士 (ゲンシュン作)
takoさんをボコボコにするために作ったデッキ。
自分では世界最強のデッキと思い込んでいるが、その実力は定かではない。

以上、今年度最後の近況報告でした。
だいぶ遅れていしまいましたが、来年度もご期待くだらないでください。
プロフィール

東京大学遊戯王デュエルサークル

Author:東京大学遊戯王デュエルサークル
正式略称UTD。
俗称東大デュエル部。
毎週水、金に学生会館でデュエル中。
Twitter:@UTduel

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
wikiオートリンク
リンク